PC周辺機器で欠かせないマウスについて

データ保存装置というPC周辺機器の今昔

PC周辺機器の重要な役割りに、データ保存という役目があります。古くはデータレコーダーと言って、カセットテープを用いたテープタイプの保存装置が存在していました。しかしそれはテープと言う媒体の影響もあり、読み込みスピードが遅く、データの長期間の保持性にも少々課題が存在していました。それを解消すべく登場したPC周辺機器が、フロッピーディスクドライブです。これは当時としては画期的な装置で読み込みも書き込みも早く、高級な周辺機器として存在していました。これには複数のサイズがあり、現在も存在する三・五インチの他、八インチや五インチのフロッピーディスクドライブがかつては存在していました。

それに次いでハードディスクが登場しますが、当初の容量は今から見ますと非常に少なく、数十メガバイトということも一般的でありました。現在のテラバイトの単位に辿り着くまでは、それなりの時間を必要したと言って良いでしょう。勿論途中に光ディスクの登場はありましたが、プレス以外でデータを書き込む術は無く、基本的には登場からしばらくはリードオンリーのまさにロムでありました。しかし現在では、そのパソコンのデータ保存もフラッシュメモリーなど、様々に便利なPC周辺機器が登場して、便利に手軽になったと言えます。
Copyright (C)2019PC周辺機器で欠かせないマウスについて.All rights reserved.